So-net無料ブログ作成
検索選択
その他 ブログトップ

カナダの蝉 Platypedia [その他]

カナダに何十年も住んでて、蝉がいるのは聞いていたけど、
今回初めて見つけました。
DSCF0741.jpg
とにかく小さくてニイニイゼミとかヒグラシよりもまだ少し小さいくらいな
とてもマイクロな蝉でした。

カナダには主に東部と西部に分かれて十数種類の蝉が生息しているようで、
どれも似たような姿形で、しかも真剣に調べて紹介している人が
少なく、情報が入りにくいのが実状です。
自分の見つけた蝉はなんて言う名の蝉なのか?
調べても有効な答えが出てきません。

ちなみに英語で蝉はCicada(シケーダ)と言い、その種はさらに細分化します。
カナダの生息する多くの蝉の学名にOkanaganaという種があります。
おそらくそいつの仲間だろうと思っていましたが、鳴き声がOkanaganaのそれと
大きく異なってました。
基本的にカナダの蝉の鳴き声は日本の種のようにデカい声で自分の種類の名を
連呼するやつ(みぃ〜んみぃ〜ん)みたいなやつはいません。
どちらかというとバッタとか近いようなチッチッチチチ〜とかジジジジジ〜とか
とにかくボリューム小さめで地味に泣いてる奴がおおいです。

今回見つけた奴もOkanaganaっぽい鳴き方とは少し違う、
なにかキツツキの小さいバージョン的というか水の垂れてるツツツトトト〜的な
なんか蝉っぽくない鳴き方でした。
断定は出来ませんがOkanaganaとは近縁のPlatypediaという
種類ではないかと思っています。
というのもこのPlatypediaという種は鳴き方が他と違う理由に
羽根を擦り合わせるような振動によって音を発生しているようです。
初めて発見した際もその振動による鳴き声を確認していたので、
それを頼りに種の断定に近づけました。
結論的にそれが合ってるかどうか分かりませんが、Platypediaだと思います。

日本の蝉を知ってる人がカナダの蝉を見たとき、多くの人がそのサイズと鳴き声の
違いに戸惑いますが、初めて見つけた自分にはちょっとした感動がありました。




ヒョウガエル -Northern Loepard Frog- [その他]

IMG_3923.jpg
冬はとても寒くなるこの地方でも数は少ないがカエルなどの両生類も
ちゃんと生息しています。
これはまだ小さなNorthern Leopard Frogだと思います。
他のこのような豹門のカエルはいないのでそうだと思います。
和名のほうもヒョウガエルです。学名はRana pipiensで、
アカガエル属のカエルです。

最大13センチにもなる比較的大きな種類のカエルで、寒さには
かなり強いです。
とはいえ、冬は当然ながら冬眠をします。
翌春にはまだ雪が残る時期から繁殖を行い、夏前には産卵を行います。
そして数週間で孵化し、オタマジャクシの後すぐに小さなカエルになります。
写真のカエルは時期からして大人になったばかりのカエルだと思います。

これから徐々に寒くなっていきますが、冬眠まではせっせと餌を探して
たっぷりと栄養をつけて冬眠に備えるはずだと思います。






森の木々が鳴く [その他]

2009-12-11.JPG
氷点下20度くらいになると寒いどころではなくて
寒いの前に”クソ”がつくくらい寒いです。

森はいたって静かです。
でも時折 「バシッ、  バンッ、」
と 木が弾けたような音がします。

木の中にある僅かな水分が凍って膨張して、爆発するのです。
一人でいると結構ビックリするくらい大きな音です。

この音を聞くと、
「そういや 家の裏庭の水道の元栓締めたっけ?」
と思っちゃいます。
元栓を締めないと水道管が爆発するのです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ





カメムシ -Stink bug- [その他]

2009-9-28.JPG
大きなカメムシを見つけました。カメムシって臭いですね。
英語の名前もそのままでStink bug(臭い虫)です。

普通のはもっと幅広ですが、コイツはスマートです。
調べてみたら学名はLeptoglossus occidentalisというものらしく
英語名はWestern Conifer Seed Bugという名がありました。
針葉樹の実を食う虫です。
他のカメムシのような臭いは出さないという一方、
手に取ったりすると攻撃の意味で悪臭を放つらしいです(?)

大型のこの種は飛んでるときに、ブンブンと蜂みたいに
音を立てて飛ぶそうです。
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ





てんとう虫 -Ladybug- [その他]

2009-9-06.JPG
ただのてんとう虫です。
こいつ、目の前のアブラムシを全然食べようとしません。
ベジタリアンですかね~。
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ





セセリ -Skipper- [その他]

2009-8-19.JPG
セセリチョウ科の蝶です(多分)
マクロレンズで撮ってみましたが、被写体が頻繁に動くので
なかなか上手く撮れません。

なのでちょっとアセリ気味です。
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

黒いナメクジ -Black slug- [その他]

2009-7-17.JPG
巨大な真っ黒なナメクジがいました。
Black slugというそうです(そのままw)

カナダでも里山より高いところでよく見かけます。
黒いだけならまだいいのですが、
コイツはデカすぎます。
完全に伸びきった状態のときは10~15cmにもなるそうです。
この岩を這い上がるときも結構伸びていました。
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ





蜘蛛の子供 [その他]

2009-6-26.JPG
葉っぱの葉っぱの間でなにやら小さなオレンジ色のものが
モゾモゾしていました。
一ミリ以下の小さなもので何だか分かりませんでしたが、
家に帰って画像を拡大したら、足が8本あるようなないような?

蜘蛛の子供ですかね?
しかもピンボケ気味・・・。
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ





その他 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。