So-net無料ブログ作成
野鳥 チドリ目 ブログトップ

フタオビチドリ -Killdeer- [野鳥 チドリ目]

081.JPG
フタオビチドリです。その名のとおり胸のところに二本の帯状の
黒い模様があります。正面から見ると額の辺りにも帯があり
ミツオビチドリ的(?)なチドリです。
アルバータでは夏場には普通に見られるチドリですが、
飛来したばかりでなかなか近づくことができず、遠くから撮影しました。

英語ではKilldeerといいますが、鹿を殺すほど凶暴なチドリなのかと
思うような凄い名前ですが、全然そんなことないです。
いつも困ったような瞳が可愛いKilldeerは鳴き声が
Kill-dee,Kill-deeと特徴的な鳴き声からこの名が付いただけの
極めて普通のチドリです。

チドリというと水辺をイメージしますが、こいつは原っぱとか
ゴルフ場とか開けた草むらによくいます。
しかしよく見ると水辺からそう遠くない原っぱにいるようです。





クロワカモメ -Ring-Billed Gull- [野鳥 チドリ目]

013.JPG
毎年3月の終わりくらいから飛来してくるカモメのなかでは
一番ごく普通に見られるカモメです。

とにかく夏の間はいつでも見られる鳥で、体は白と灰色ですが
やってることはほとんどカラスと同じです。
ゴミ箱をあさったり、人が集まるところに寄ってきては
おこぼれを貰おうとするお調子者です。

近年 他のカモメの数が減少しているなか、こいつらだけは
以上に増えてるような気がします。
やっぱりカラス並みの図々しさからかな?





アメリカイソシギ -Spotted Sandpiper- [野鳥 チドリ目]

2010-5-31.jpg
アルバータ州に飛来するシギの仲間はかなり多くて、
どれも似たようなのばかりのなか、 アメリカイソシギは比較的どこでも
みられる普通のシギです。

その名のとおり お腹に斑点がたくさんあります。
ほとんどのシギの仲間は警戒心が強いのですが、こいつだけは普通で
割合 人目を気にせず、平気でえさ探しをしていたりします。

5月から9月上旬まで滞在してくれて、その時期に繁殖もします。
あともうちょっとすれば、雛シギが見れるはずです。





野鳥 チドリ目 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。