So-net無料ブログ作成
検索選択
山野草 ナデシコ科 ブログトップ

ミミナグサ -Mouse-ear Chickweed- [山野草 ナデシコ科]

017-(2).JPG
乾燥した草原地帯から砂利道沿い、荒地や斜面などいたるところに
5月から7月にかけてとても小さな白い花を咲かせるミミナグサは耳菜草と
書きます。
014-(2).jpg
英語でもねずみの耳という意味で一般名がありますが、花びらから
その名前が来ていると思ったら上部の葉の形状からその名が付いたそうです。
でも花びらもなんとなく耳のような形をしています。

世界で100種くらいあるナデシコ科のミミナグサ属は北米ではわずかに3種が
自生していて、一種が外来種として確認されているだけです。

小さい花で適当に歩いていると見落としてしまいがちですが、
群生もするので、そんなところでは確認しやすいです。





山野草 ナデシコ科 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。